カテゴリ:観光スポット( 7 )

私の2012年のイタリア旅行は
一日目 ローマ〜ナポリ〜ポンペイ
二日目 ローマ〜フィレンツェ〜シエナ〜ローマ
三日目 ローマ〜アッシジ〜ローマ
四日目以降はずっとローマだったのですが、かなりタイトにスケジュールを強行しました。

まずは朝のコロッセオなどを見つつの早朝散歩
e0205256_2118131.jpg

その後EUR地区にある「ローマ文明博物館」に地下鉄B線で移動
e0205256_21192955.jpg

「ローマ文明博物館」を見学
e0205256_21192198.jpg

そこから地下鉄でコロッセオへまた戻る。
社内ではジプシーが歌っていたのですが、けっこうハイテクなジプシーで
MP3内臓してるギターなのかドラムやベースも同時に演奏されてて少し感動。
その後フォロロマーノへ。
e0205256_21254145.jpg

フォロロマーノはいつ来ても暑い。ここに来るといつもフォロロマーノ焼けします。
少し暑くてハイテンションになり「ヴェスタの家」を「俺の家」と勘違い・・
フォロロマーノ特集はいつかやりたいのですが、もう少しお勉強してから
いつの日か載せてみたいと思います。まだ時期じゃないって奴ですね。
その後チルコマッシモ
e0205256_2129249.jpg

この日の昼ご飯はこれでした。しかしこんなもんで7ユーロ位した気がしたけど
プリングルスはともかくベッラは美味しかったです。
e0205256_21314325.jpg

チルコマッシモはやっぱいつ来てもいいなぁーと思います。
それからカラカラ浴場
e0205256_21332571.jpg

実は前来た時は「休館日」か早締まりの日で中に入れなっかたので
何年かごしのリベンジでした。
ローマ時代の浴場跡地を見れて感動。

e0205256_21362174.jpg

その後前回も歩いた、アッピア街道を「チェチーリア・メッテラの墓」まで歩く。
e0205256_21385146.jpg

今回アッピア街道でいつもとは違う道を歩こうと思い「クオヴァディス教会」過ぎの分かれ道で
右の道を選んだのですが、道狭い割に車多いので
素直に真ん中選んだ方がいい事を発見致しました。
e0205256_2143184.jpg

一日の終わり「カラカラ浴場」でくつろぎてぇーってかなり思いました。



よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-06-23 21:54 | 観光スポット

ローマ文明博物館

昔読んだ本で「地図で旅する、永遠の都ローマ物語」という本が
あったのですが、その本で今回紹介する「ローマ文明博物館」の
写真が多数使われていて、「いつの日か行きたいなぁ」思っていたら夢がかないました。
場所は地下鉄B線E.U.R.fermiから徒歩10分位なのでしょうが
私は迷ったので徒歩一時間かかりました。
e0205256_22562697.jpg

でもE.U.R地区を散歩でき、途中「オオカミ石油」も拝めたしよかったです。
ローマと違ってE.U.R地区は近代的で道も広く「ローマらしくねぇー」感じで
「ローマ文明博物館」の外観もなんか「バブリー崩れ」な感じです。
e0205256_2333672.jpg

しかしなかに入ると唖然。この博物館ほとんどレプリカが飾られてるそうなのですが
「ここまでやるか」の連続。特にリリーフが凄い
e0205256_2375062.jpg

こんなのが何列もあったり(帝国マニアが作ったのでしょうか?)
e0205256_23116100.jpg

トライアーノの凱旋門のレプリカ、何か可愛い。
e0205256_23123218.jpg

レプリカ版カエサル。カエサルの銅像は以外とないので嬉しい。
しかし圧巻はローマの街を250分の1に再現した模型
e0205256_23163364.jpg

感動したというよりは「よく作りましたね」と言う言葉が浮かびます。
館内は学校の社会科見学で学習しに来てる学生さんがいなかったら
ガラガラな感じの博物館でしたが、同じ建物にプラネタリウムも
あるみたいですし、「ローマ帝国」マニアの人や、少し「ローマ」で
時間を持て余した方は行く価値あると思います。
e0205256_23243486.jpg

この博物館を後にして思った事は
私なんてローマ帝国検定10級程度だなって事でした。
どんな世界にも上には上がいますね。



よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-05-07 23:35 | 観光スポット

ティベリーナ島

e0205256_2330213.jpg

私は以前にもブログで書いたような気もするのですが
ローマで好きな散歩コースの一つにサンダンジェロ城の辺りから
テヴェレ川を南下していき
まず、最初のチェックポイント、ティベリーナ島で一息つきます。
e0205256_23344958.jpg

川がこの島のおかげで少しの間二つにわかれてるな
って感じるのが好きだったり、島にかかる橋の上から眺める
川だったり、ローマの景色が好きだったりするです。
e0205256_23385135.jpg

e0205256_2340512.jpg

島の中で、誰かがサックスなんて吹いてていい感じです。


ここを後にすると
マルコス劇場~真実の口、そしてチルコマッシモ
さらに歩いて
コロッセオ~テルミニ駅って感じで散歩は終わります。

でも大抵コロッセオ~テルミニ駅間で絶対に道間違えるのです。

e0205256_2349952.jpg

もー夜だ・・・

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-09-10 23:49 | 観光スポット

TIBURTINA

e0205256_2120412.jpg

地下鉄乗る方向間違えて
TIBURTINAった所に来てしまいました
e0205256_212323.jpg

何ていうのか微妙な場所です
e0205256_2124560.jpg

ローマテルミニから、すぐ近くの駅なのですが
e0205256_21251828.jpg

山手線でいう、田端みたいな駅なのかな?
e0205256_21274178.jpg

殺風景・・・素敵・・・刹那

追加・・・大木君勝気で素敵です


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-07-31 21:29 | 観光スポット

tevere line

なんとなく階段をおりてみた。
e0205256_18523029.jpg

カヌーをこぐカップル
e0205256_18543659.jpg

何の意味があるのかわからない落書き
e0205256_18553269.jpg

片隅に寄せられた枯れ葉
e0205256_18584494.jpg

何となく、心が癒されるような景色
e0205256_19014100.jpg

e0205256_192027.jpg

e0205256_1941100.jpg

e0205256_1985792.jpg

e0205256_19113632.jpg

何故か、私は生きてるんだなと思う瞬間。

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-07-16 19:13 | 観光スポット

パンテオン

e0205256_18113015.jpg

パンテオンは何ていうのか
好きです。
e0205256_18152484.jpg

とくにこの天井の穴が。
ここの穴から日差しが入ってくる訳です。
e0205256_18172624.jpg

パンテオンの穴を余りにも拡大して
写真を撮ると、味も素っ気もない写真になります。
e0205256_18193456.jpg

せめてこの位の大きさで、撮るべきだと痛感します。
e0205256_1821158.jpg

穴以外の写真も載せておきます。
ただどうしてもパンテオンに行くと穴ばかり見てしまいます。

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2010-12-12 18:22 | 観光スポット

ゲーテの像

e0205256_20512840.jpg

ローマには何故か「ゲーテの像」があります。
ゲーテと言えばドイツ人で
何故イタリアに「ゲーテの像」があるの???
と思う方も大勢いるでしょう。
しかし「ゲーテの像」はイタリアはローマ
ポルケーゼ公園に、さりげなく建っているのです。
しかしながら、この「ゲーテの像」余り人気がないみたいで
見物客どころか、銅像に止まるの大好きな鳩さえも「ゲーテの像」
止まっていません。
e0205256_2057465.jpg

まぁ、それはそれで、何故この「ゲーテの像」が
ローマにあるのかな???
調べてみると
ゲーテはイタリア大好きで、特にローマが大好きだった
みたいで、休職してまで、ローマに旅行しにいったみたいです。
それも何年も。
その体験をもとに「イタリア旅行記」
って作品も残しています。
まあ、おそらくそんな訳で「ゲーテの像」はローマにあるのでしょう。
「ゲーテ博物館」なんてのもローマにはあります。
e0205256_21233089.jpg

);">「私のローマ滞在について理由を説明することはますます困難になる。
海に入って行けば行くほど深くなるものだが、
この街の観察も同様なのだから。
過去を知らないで現在を知ることはできない

しかし、両者を比較するには、時間と落ち着きが必要である」



さすがのゲーテが語ります。
しかしこんなゲーテはある人に
「何をそんな考えてるの?ふけるだけだよ」
と駄目だしされた事があるみたい・・・・・・・

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2010-11-30 21:24 | 観光スポット