シニョリーア広場

シエナのカンポ広場が世界で一番美しい広場だとしたら
フィレンツェのシニョリーア広場は世界で一番「☆☆☆」な広場。
「☆☆☆」の中の言葉は芸術的だったり、斬新だったり、
銅像の宝庫だったり、この広場にいると私不覚にも鳥肌が立つのです。
e0205256_2235123.jpg

メドゥサの首を掲げるペルセウス
e0205256_2241894.jpg

ヘラクレス、流石の鳩もヘラクレスにはとまれないのか!!?
e0205256_2243889.jpg

微妙に変態な男二人。
このような芸術的銅像がこの広場にはわんさかわんさか。
しかもまわりの建造物もかっこいいのばっかり。
非の打ち所がないとはこの事なのでしょうか??!
という訳で「☆☆☆」の中身は
「シニョリーア広場は世界で一番非の打ち所のない広場」という事で。
e0205256_2248380.jpg

手前の緑の銅像の頭には
案の定鳩がとまる。
でもシニョリーア広場の鳩が(フィレンンツェの鳩が)
「お・しゃ・れ・な・鳩・ぽっぽ★」に感じるのは私だけじゃないはずです。
うちの近所の鳩なんてふたが回転するゴミ箱にとまって
中に落っこちちゃってるし・・・

e0205256_2361822.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-07 23:07 | フィレンツェ

考古学博物館は少ーし歩くけど、とはいってもせいぜいドゥオーモから
500メートル位の距離の所にあります。
近くにサンティッシマ・ヌンツィアータ教会って言い辛い名前の教会があります。
e0205256_22373380.jpg

e0205256_22391620.jpg

この言い辛い名前の教会の小道をはさんで右隣にあるのがこの考古学博物館なのですが
アホな私は入り口を余裕でスルーして300メートル程歩いて行ってしまい
「それにしてもないな。変だぞ!!」で元の場所にリターンすると
「これか」と入り口発見。屋久島で縄文杉スルーの経験を持つ私ながらの
エピソードでした・・・
e0205256_22451293.jpg

入場料4ユーロと安めでしたが、なかなか結構な展示物の数々でしたが
それにしても見物客の少ない博物館でした。
3階で銅像をみていると、柱のすみから私を星飛雄馬の姉ばりに覗き込んでくる
係員の女性がいて、それが一カ所だけではなく、数カ所で「ヒュウーマァ」て感じで
見られていたので、もの凄く怖かったです。
展示物の思い出よりも「ヒューマちゃん」の方が記憶に残ってしまいました。
e0205256_22515213.jpg

e0205256_22533765.jpg

この博物館エトルリア系の宝庫ってだけあって「うーん」ってうなってたのですが
エトルリアの作品は何かエロ可愛い感じで好きですね。
後日ローマポルケーゼ公園のエトルスコ博物館にいくのですが、その博物館はエトルリア
専門の博物館で、「おー」の連続だったのですが、
ショーウインドウ入りと、写真撮影NGが少しがっかりでした。
エトルリアについてはお勉強したいと思うのですが
中々日本語でのエトルリアの本っていうのもなくて、先延ばしになっている状態です。
デザインや絵や銅像が好きな方なら、エトルリアの作品はかなり「素敵」って思うと思います。
e0205256_2383433.jpg

しかし、上の巨大な団扇がエトルリアの作品かどうかなんて
知りもしない私なのでした。傘にも見えるね?
帽子だったり?


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-03 23:13 | フィレンツェ

この日の旅行日程を書いてみると

7時40分 ローマ発
9時40分 フィレンツェ着
10時00分 sita車のバスにてフィレンツェ発
11時30分 シエナ着&観光
14時00分 シエナ発
15時30分 フィレンツェ着&観光
18時15分 フィレンツェ発
19時45分 ローマ着&夜ご飯&hotel

何ていうのか、シエナもフィレンツェも消化不良で終わってしまった感じでした。

今回フィレンツェでもっとも行きたかった所は
バルジェッロ博物館だったのですが、既に閉館してるし
e0205256_23543293.jpg

悔しいから案内板と外観だけでも写真にとっておきました。
e0205256_23581850.jpg

ドォ−モあたりのジェラード屋さんで買ったチョコのジェラード
美味しかったです。(ボキャブラリーねーなぁ)
e0205256_23592046.jpg


e0205256_0164082.jpg

しかし銅像の頭には鳩がとまる
何故だ!


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-01-28 00:17 | フィレンツェ

ローマの場合
フォロロマーノにしろ、コロッセオにしろ原型は残しつつも
かなり破壊されてしまっていて、それでも「!!!」に感じれる事は流石ローマなのですが
フィレンツェの場合
ドゥオーモにしろジョットにしろ
当時のまんま残っていて、ドゥオーモからウッフィッツィ美術館
までのエリアって、おそらく半径500メートル満たない程度のサークルだと思うのですが
こんなに中身の濃い半径500メートルって
世界中探してどれだけあるのかな?
少なくとも私の住む半径500メートルは
「マルエツ」「松屋」「マクドナルド」な訳で・・・・・
e0205256_20434137.jpg

仮に(if)ドゥオーモの前で歴史を超えた大相撲
朝青龍対千代の富士の夢の一戦が行われていても
ドゥオーモの存在感の前では、夢の一戦もただの巨体のぶつかりあいにすきず
e0205256_20471428.jpg

仮に(if)ジョットの前でガリクソンと鹿取が「夢の競演キャッチボール」していても
ジョットの存在感の前では、玉を投げあってるおじさん二人でしかなく
e0205256_20542323.jpg

ウッフィッィ美術館前で鳩が銅像に沢山のっかっていても

のっかっていても
のっかっていても

・・・な訳で<..>

e0205256_214311.jpg


結論
フィレンツェの半径500メートルの優雅さ=偉大なる銅像に余裕でとまる鳩

野生の力は凄いね???











よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-01-18 21:08 | フィレンツェ

アルノ川

フィレンツェの街の中を流れるアルノ川。
この川は地中海と結ばれている。
e0205256_2346140.jpg

少しマローネな色合いのお洒落な川。
(フィレンツェにあるってだけで川もお洒落になる)
e0205256_23484173.jpg

橋の下には万国共通で落書きが。
e0205256_23474339.jpg

英語に訳すとガッツ石松っぽい名称になるThank you bridge(グラツイエ橋)から撮った
ポンテヴェッキオ。橋の中にあんなにお店があってよく橋崩れないなと思うのですが
意外にも店の重さで橋が安定しているそうです。
e0205256_005670.jpg

私はあのローマのゴチャゴチャ感が大好きなのですが
フィレンツェのこのアートな町並みには感服します。
e0205256_05282.jpg

洗濯物干してるだけで絵になるんだもんな・・・
e0205256_011215.jpg

昔の人はこのアルノ川で洗濯してたのかなやっぱり?
e0205256_0135289.jpg

洗濯物が川の流れにさらわれて、川の中の草木にひかかって
泳いで取りにいったりしてたのかな?
でも中世位の人ってクロールできたのかな??

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-05-28 00:17 | フィレンツェ

e0205256_21273270.jpg

フィレンツェ行ったら街に普通にメリーゴーランドがありました。
日本のデパートの屋上とかにあるメリーゴーランドだと何かださいのですが
e0205256_21353333.jpg

フィレンッツェにあると、なんかお洒落。
そこで豊島園のメリーゴーランドと比較してみようと思って
ググってみると。(大変!!)
豊島園には、かなり立派なメリーゴーランドがあって
フィレンツェのメリーゴーランドよりランクが遥かに上で
それと比較するとフィレンツェが豊島園に負けてしまうので
豊島園にある他のメリーゴーランド、カーメリーゴーランドと比較
e0205256_2140757.jpg

って、上の写真は人様の撮った写真を貼っただけなのですが(小さい)
このメリーゴーランドって馬じゃなくて車なんですね。
バスとか消防車とかフェラーリとかが、馬の代わりに走っている訳です。
でも、何か私これ乗りたいな。来週のお休み乗りに行こうかな??
という訳でルネサンスの街フィレンツェが
練馬区の遊園地に負けてしまったのでした。






よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-04-15 21:58 | フィレンツェ

ヴェッキオ橋

e0205256_2133840.jpg

フィレンツェのアルノ川にかかるヴェッキオ橋
橋の上には、宝石店やら彫刻店?がいっぱいあって
私的には、ヴェッキオ橋さん、これらの店の重さに耐えらないで
崩壊しちゃいそうって思うのですが
意外や意外、これらの店の重さが、橋の安定に役立ってるらしいのです?
e0205256_21113885.jpg

On The Bridge
橋の上を歩いてる感じがしません。
e0205256_2114497.jpg

On The Bridge
私は前世、みねふじ子でした。
e0205256_21182995.jpg

Scusi,posso,vedere quello
私に、プレゼントしてよルパン♡
e0205256_21245344.jpg

On The Bridge
ブログ村のバナーはこの橋で撮影したのさ。
頭の上の鳩が隠し味なんですよ
Un caffe per favore





よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-08-30 21:31 | フィレンツェ

私はローマの歴史はそこそこ
解るのですが
フィレンツェの事になると
チンプンカンプンなのです。

フィレンツェのガイドブックとか見てると
よく目にするのがメディッチ家
一体全体この一家はどんな一家なのかと思い
メディッチ家についての本を買ったりしたのだけど
全然、興味がわかないのです。
おそらく訳者との相性が悪いのかな??

挙句の果てには本を読みきることなく
途中で投げ出し
私の中でのメディッチ家は
なんか、つかみどころのない家族
って認識で終わっています。


で、メディッチ家の本を途中放棄した後
何故か適当に買っていた
村山由佳の「翼」って本が
思いのほか面白くて
読む本に困った時に読む作家リストに
村山由佳が加わったのです。
(一位はアガサ・クリスティーです)

私にとってのメディッチ家とは
そんな存在なのです。

しかし私は一日に一回は必ず
「メディッチ家」という単語を思い出すのです。
何故?

e0205256_2082660.jpg


何かメディッチ家って↑↑↑なイメージです・・・・


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-08 20:11 | フィレンツェ

ジョットの鐘桜

最近、私のブログは迷走していて
突然曲を紹介したり、突然イギリスになったり
責任感からローマ皇帝を紹介したり・・・・・・・

今回はフィレンツェです。
それも、あの芸術的建物「ジョットの鐘桜」を
動画つきで紹介します。
恥ずかしながら私は、つい最近までこの「ジョットの鐘桜」の事を
「ジェットの養老」だと思ってました・・・・・

e0205256_20441350.jpg


e0205256_2044413.jpg


↑↑↑の写真は下から上を撮ったのか、上から下を撮ったのか
自分でもわかりません。

e0205256_20461652.jpg

きめ細かな彫刻たちが、ジョットの鐘桜を飾ります。
改めて見ると、本当凄いですね。

e0205256_20481895.jpg

私はこのような暗闇からの光みたいな写真が好きです。

e0205256_20502526.jpg

物凄く息の切れる、幅の狭い階段、

e0205256_20512288.jpg

しかし息切れの後に見れる、フィレンツェの街並みに感動します。
e0205256_20523977.jpg

空がつかめそうでつかめない
e0205256_20534348.jpg

e0205256_20543495.jpg

e0205256_20551576.jpg

これが鐘かな?このおばさんが鐘をならしてるのかな??
e0205256_20565066.jpg

下の動画は鐘の音がやたらうるさい
ジョットの鐘桜の動画です


e0205256_2101281.jpg

今回は写真だらけになってしまいました。
まぁそれだけ綺麗な建物であり、素敵な景色で
あたっりするのです。

e0205256_2164714.jpg

e0205256_2172577.jpg

e0205256_2174737.jpg

e0205256_2125638.jpg

003.gif
e0205256_2195447.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-06 21:10 | フィレンツェ

e0205256_2291519.jpg

これはある平凡な淡々とした日におきたある出来事の話です。
「小さい車だ可愛いな」と思った私は
写真を撮りました。
どうせなら方向を変えてもう一枚くらい写真を撮っておこうかな!!
e0205256_2223589.jpg

いつの間にかギャラリーがいっぱいいる!!005.gif

本の数分の出来事でした・・・・・・・・・・・・・・・・・・



よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2010-12-14 22:25 | フィレンツェ