b8 ダンススタチュー

e0205256_2311447.jpg

「ダンスしようよ」
e0205256_23142685.jpg

「左手挙げて」
e0205256_2314529.jpg

「カツラとろうよ、ありのままの自分になるのさ」
e0205256_23132117.jpg

「でもためらっちゃう」
e0205256_23131051.jpg

「肩かゆい」
e0205256_23205223.jpg

「意味わからないワン」

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-11-05 23:22 | ナポリ

b7 スキピオ発見

「ここ最近の「Roma photo」ってR18じゃない」
「この人本当イタリアに銅像見に行く為に行ったんだ、もっと他にあるでしょうに」
「聞く所によると、銅像見るとハイテンションになるらしいよ」
「えー、きもい」
「その上マクドナルドの店員にビビってるらしいよ」
「最低よねぇ、げぇROMA PHOTOがこっちきた、また今日も銅像の話聞かされる」
「キャー」
e0205256_22574528.jpg

今日紹介するのはスキピオです。思うにスキピオの銅像ってありそうでなかなかなくって
私も屈折○年ついにナポリの地で、スキピオに出会う事ができました。
スキピオを知らない子供達の為にスキピオを紹介すると
カルタゴの名将ハンニバルを倒したローマの英雄のような人。
晩年、ローマの元老院に脱税疑惑をかけられ、「この恩知らず」という名言をはき
ローマにお墓を作る事を拒絶した人。(実際脱税はしていなかった)
若い頃は超かっこよかったらしい。
スキピオのライバル、ハンニバルの銅像ってのもなかなかなくって
(どこかにあるのでしょうか)
そのハンニバルが師と仰ぐアレキサンダー大王の壁画が
この博物館にあったので変わりに紹介します。(この博物館は本当凄かったです)
e0205256_23104060.jpg

ハンニバルはローマに多大なダメージを与える事はできたのですが
結局その後の展開を考えるとカルタゴ滅亡のきっかけを作ってしまい、
またハンニバルの天才的な戦術をスキピオが学び、またそれを応用し
ザマの会戦でハンニバルはスキピオに破れるのでした。
ある意味ハンニバルはローマに「上手な戦い方」の講師をしにいったのでは
と皮肉にも思ってしまうのでした。
実際ローマはこの辺を機にさらに拡大していくのですから。

うーん、しかしハンニバルの銅像ないかな、
いっそ自分で作ろうかな!!

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-11-04 23:25 | ナポリ

b6 By your side

何年か前だったら自分の側にいて当たり前だった人が
今は自分の側にいない。
元気にしてるのかな、あいたいな、寂しいな
最近気付いたのですが、自分って超寂しがりなのかも?
あれだけ好きだったのに、なんであまり大事にしてやれなかったのかなとか
後悔だったり刹那かったりメロンパンが辛くかんじたりetc etc
自分って弱いよな。
e0205256_2133228.jpg

神話の世界の神様達も、私同様「それでも神様」ってくらい
心が弱かったりするのですが、上の写真のヘルメスは珍しく完璧に近い神様で、
私は目指せヘルメスを合い言葉に生きているのですが
無理でしょ・・・「完璧」「無敗のダービー馬」に憧れる気持ちは
自分の正反対の姿を羨ましく思うから?
自分は「隙だらけ」「ダービー馬に蹴られて入院」ってタイプです。

SADEの「BY YOUR SIDE」はそんな「クーン」な気持ちを癒しつつ
ますます「クーン」な気持ちを加速させてくれる名曲です。




よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-30 21:59 | ナポリ

b5 ワインの神様

e0205256_2243518.jpg

ワインの神様ギリシア名ディオニュソス(バッコス)
ローマ名リベル(バックス)ここではバックスで統一させてもらいます。
e0205256_22452436.jpg

しかしこのバックス様の銅像ナポリの博物館だけでも
かなりの数があったのですが、イタリアの博物館の
至る所にバックス様の銅像があって、「またバックス様だ」の連続でした。
ワインの神様だけあって右手でブドウを「とったリー」なポーズで立ってるんですよね。
何気に髪の毛もブドウだし・・・
e0205256_22491920.jpg

エロス(クピド)の肩に手をまわし
「ブドウダゼェー」
e0205256_22531025.jpg

かと思えば肩クルマして「ブドウダゼー」(ないかも)
e0205256_2256569.jpg

以外にも「ブドウダゼー」ポーズとってなくて
落ち着き払ってたり、でも左手にはワイングラス。(ワイン陶器かな?)
e0205256_22575137.jpg

ワインの神様の信者は女性が多かったらしく
酒を飲んで踊り狂ってたらしいです。
なんか凄い神様ですよね。
俺もこんな奴になりたいぜ!!


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-25 23:09 | ナポリ

私は今までのイタリア旅行でも美術館、博物館巡りは行っていたのですが
今まではローマ皇帝andローマ時代の物などが見学のメインだったので
今回はギリシャ、ローマの神々の銅像を拝むのをテーマに見学いたしました。
このナポリ国立考古学博物館は中々の神々銅像の宝庫だった訳です。
e0205256_2230438.jpg

ヘラクレス↑↑↑は神様ではなくて英雄だったのですが
英雄という割には中々悪事をはたらく英雄で
少年時代竪琴を習っていたら、あまりにヘラクレスが下手クソで
イラットとした教師がヘラクレスをひっぱたいたら、ヘラクレスは逆切れして
竪琴を教師に投げつけ殺しってしまったり、戦いで倒したライオンの皮をはいで
毛皮を作り、あの有名なライオンのきぐるみを作ったりと
中々野蛮な方だったみたいです。それでも英雄ヘラクレス。
e0205256_22401921.jpg

ヘラ(ローマ名ユーノー)↑↑↑は女性の結婚生活を守護する女神なのですが
かなり嫉妬深い性格で、神話の主神ゼウス(ローマ名でユピテル)の正妻だったのですが
ゼウスは主神の癖してかなりの女たらしで、ヘラという正妻がいながら愛人もいて
その愛人や愛人とゼウスの間に生まれた子供達に数々の嫌がらせを
していたようです、あのヘラクレスもゼウスの愛人(アルクメネ)の子供で
ヘラクレスの誕生を遅らせたり、生後数ヶ月のヘラクレスに毒蛇を送り
殺そうとしたり(その蛇は生後数ヶ月のヘラクレスに絞め殺された)
なんか、昔の大映のドラマに出てきそうなクソババアなような気もしますが、
それでも主神ゼウスの正妻で、女性の結婚生活を守護する女神です
e0205256_2314550.jpg

主神ゼウス(Jupiter)↑↑↑キャー上半身がない
ゼウスは書くと長くなりそうなのでもう少しお勉強してから紹介します(多分)
しかしギリシャローマの神々はかなり人間味あふれる神々で
今回は彼等の悪行を紹介しましたが、よい行いも沢山したので
当時の人々に愛され崇拝されたのでしょう。



よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-21 23:09 | ナポリ

b3 感謝、感激、蛇口

今回ナポリにいった最大の目的は
ナポリ国立考古学博物館で銅像の写真を撮る為だったのですが
思った以上にレベルの高い博物館で
オアシスのファンがリアムをみて卒倒するように
私もヘラクレスを見て卒倒するありさまでした。
e0205256_2136239.jpg

しかし、ヘラクレスよりもエロスよりもミネルヴァよりも
私が震撼させられたのが、蛇口でした、(もしくは家のノックかな?)
e0205256_21424272.jpg

この口からきっと何世紀も昔に水がでていたんだ。
そう思うと私はオアシスのファンがリアムに「Hello」といったら
「I‘m fine thank you」と言い返されたレベルの感動に襲われました。
e0205256_21454065.jpg

いっぱいいるし・・・
この口から水がでてた、心の中でイメージすると
泣けた。こんな泣ける蛇口をみたのは久しぶりだ。
e0205256_21501072.jpg

負けた。私の想像をこえたご対面。


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-17 21:58 | ナポリ

b-2 ナポリ歩けた

e0205256_2332470.jpg

ナポリは以前の記事でも書いたのですが、本当に車がひっきりなしに
来るので、どのタイミングで道を渡ればいいのか解らず
「このままむこう岸にたどり着けないのでは」と思っていたのですが
裏技発見。「横断歩道歩いてる人の背後霊と化す」方式を取り入れた私は
以外やすんなり道を渡る事が出来ました。しかし駅前以外はそんな方式使わなくても
意外と歩けて、一安心な私でした。
e0205256_23392122.jpg

ナポリ駅近にもこんなのどかなところがあってビックリ。
e0205256_23401680.jpg

結構いい感じの街だなと冒険心が湧いてくる。
e0205256_23422817.jpg

何となく寂れた路地?
e0205256_23434660.jpg

ナポリも所詮はイタリア、噴水発見。
e0205256_2345692.jpg

駅前にはやはり銅像が(かなりでかい)
e0205256_23464493.jpg

何かこんな感じの家がいっぱいありました。
e0205256_23474115.jpg

ナポリかっこいい。(言葉のネタ切れ)
e0205256_23484137.jpg

ナポリといえばゴミ問題!!?
e0205256_23494411.jpg

地下鉄の入り口にいた馬。
e0205256_2352553.jpg

カプーア門。他の旅人に色々な角度から記念撮影をねだられた。
e0205256_2358143.jpg

という訳で、この写真はナポリを歩いた私の記録。
始めはビビリながら、中は情熱的な、おしまいはあっさりとな、「私の1ページ」。


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-15 00:05 | ナポリ

2012年度イタリア旅行初日はナポリ。
e0205256_23184728.jpg

ローマからインターシティーで約二時間ナポリに到着。
駅を出て右を見ると
Mの文字が、あー恐ろしい(詳しくはこちらを)
e0205256_23221454.jpg

少しおなかも空いたし、昔より俺が成長したかどうか
試す為にも、M行ってみるかって感じで店内へと。
列に並んでる間「ファマーリ」言われたら「クイ」って
何度もリハーサルしたのに、店員さん「ファマーリ」言わないし・・・
でもでも店員さん期待通りに無愛想で、
私とは関係ない所で、ポテトこぼして『あ”ー』なかんじでナイス。
ファマーリさんらしき女性店員も
店内にいて、ファマーリ犯はあの人じゃないかな思ったのですが、とてもじゃないけど
何年か越しかの「クイ」は言えませんでした。(ていうかやっぱオーラハンパねぇー)
e0205256_23292018.jpg

今回はフィレオフィッシュセット食べました。

e0205256_23375582.jpg

「けっ!!なにがアイムラブイットだよ」

e0205256_2344349.jpg

しかし地下鉄のマークもMか
 
本日「ROMA PHOTO」二周年です。
これからもよろしくお願い致します。

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-10 10:10 | ナポリ

e0205256_2225428.jpg

思い起こせばかなりの時間をかけてローマへ着いたものだ。
でも私が数世紀前、走ったり泳いだりしてローマに旅行していた時代を考えると
1日もかからずにトッキョーからローマにつくなんて
「技術って、すばらしきかな、それでも苦痛」って俳句ができたりもしました。
e0205256_2231529.jpg

ホテルでチェックインしてから、その辺の店で夜ご飯を食べ
帰りにビールを買ってホテルで乾杯。
「1日の、締めに飲む酒、最高Happy」
「1日の、締めに飲まぬとは、それおろかもの」
などの俳句もできました。
e0205256_2216281.jpg

て言う訳で2012年度版のイタリア旅行記は大袈裟にも
「Waltz for italy」と名付けられ公開されていきます。
次回からは普通の旅行記になりますので安心して下さい。
e0205256_2214027.jpg

まずはナポリです!!





よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2012-10-07 22:17 | ナポリ