e0205256_10113328.jpg

この博物館は、何となくアットホームな感じの和やかな
博物館なのだけど世界遺産でもある
ハドリアヌスの長城に便乗して作った博物館としてはちょっとちゃちーかな??
まあ、トイレあるし、駐車場あるし、ここを拠点に、ハドリアヌスの長城をハイキングって
意味合いのほうが強いのかな。
e0205256_10164868.jpg

博物館の中には、このようにハドリアヌスの長城で仕事していた
人達の休憩時間のオブジェなどが、数点飾られています。
e0205256_1020259.jpg

これはローマ時代の靴ですね。
e0205256_10222590.jpg

中では映画も公開されているのですが
何と五分で終わります・・・・・・・・・・
e0205256_10261036.jpg

この美術館は記録よりも記憶に残る美術館ですね。


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-29 10:30 | 遺跡

日本からハドリアヌスの長城への行き方は
最初に、空路でロンドンへ
e0205256_10361564.jpg

それから乗り継ぎ、エジンバラへ
e0205256_1034342.jpg

そしてバスに乗り
e0205256_1033243.jpg

エジンバラ市内のセンターに入ります
e0205256_1046629.jpg

エジンバラ駅で電車の切符を買って
電車にのって揺られる事、一時間ちょっとかな
e0205256_10354522.jpg

カーライルって駅に着きます。
e0205256_1035577.jpg

そこからバスに乗って一時間位で
e0205256_10395128.jpg

roman army museumってバス停があってそこで
下車するのです。
e0205256_10415745.jpg

で美術館に入って、いっぷくタイムです。
e0205256_10431677.jpg

次回に続く


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-22 10:47 | 遺跡

最近何故だか、ブルースな感じの曲が好きで
CLAPTONの「Change the World」
何かが、マイハウスでヘビーローテな訳です。

でこの曲、サビになるまでのコード進行がブルースなコード進行で
サビになると、ポップスなコード進行になるのですが
その境目のAb7の使い方が、上手いよなぁーって思うのです。

それと、下の動画の2.15秒~の歌詞が
皆様の言うとおり
「アワビとサザエを茹でます」
に聞こえてしょうがないのが
この曲の凄さなのだと感じるのです。








よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-18 22:58 | 音楽紹介

トラヤヌス

今回紹介する皇帝はトラヤヌスです。
前回のネルウァ帝紹介の時「五賢帝時代」は
トラヤヌスから始まるみたいな書き方をしてしまったのですが
実は五賢帝時代の始まりは先代ネルウァ帝なのでした・・・・・・

トラヤヌス帝は、歴代のローマ皇帝の中でも
いい意味でかなり有名な皇帝で、ダキア戦争での勝利(征服)
また、軍事面だけでもなく、素晴らしい建造物を
世に送っています。
「トラヤヌス市場」
e0205256_17294284.jpg

このトラヤヌス市場って、中に入らないで外から見るだけの人が多そうですね?
ですが、ここから見るローマの景色は物凄く素敵です。
e0205256_1747665.jpg

ついでに市場の中は、なんかダンジョンぽい
e0205256_17524652.jpg

「トラヤヌスの記念柱」
e0205256_17542782.jpg

この記念柱のてっぺんにいる人は、何故か聖ペテロ
「トラヤヌスに取り替えて欲しいな」と感じる人は結構いるでしょう。
「トラヤヌスの広場」
e0205256_1758078.jpg

まあ、この辺りでしょう。
ローマ時代の建築物が、ほぼ破壊された状態でしか残ってないのは
少し悲しい。
話によれば、あのコロッセオもフォロロマーノも中世のヨーロッパ人達の
かっこうの、石の採石場だったみたいで、
もしそのような、愚かな行為が行われていなければ
今頃、かなりローマ時代そのままのローマを見れたのかなと
思うと、石を採石した、中世のヨーロッパ人を
横一列に並べて、ひっぱたいてやりたいです。

e0205256_1871664.jpg


しかし、もしあの時代のままのローマが現在も存在していたなら
フォロロマーノとか、改築して、賃貸住宅にされたりしなかったのかなとか
何気に想像してしまうのです。


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-15 18:19 | ローマ皇帝

淡々とした日々

e0205256_2124723.jpg

あの迷路のように複雑なローマの市内を
車が走っています
私はいつもローマに行くと迷子になります。
でも迷子になって、時間をロスしても
迷子になれたおかげで、発見できた事や場所って
いっぱいあるのですよね
e0205256_2192719.jpg

迷子にならなかったら見れなかった事や経験
でも迷子になってなかったら、見れた事って
いうのも、いっぱいあるのかな???
e0205256_2111225.jpg


ここは何処

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-11 21:13 | OTHERS

私はローマの歴史はそこそこ
解るのですが
フィレンツェの事になると
チンプンカンプンなのです。

フィレンツェのガイドブックとか見てると
よく目にするのがメディッチ家
一体全体この一家はどんな一家なのかと思い
メディッチ家についての本を買ったりしたのだけど
全然、興味がわかないのです。
おそらく訳者との相性が悪いのかな??

挙句の果てには本を読みきることなく
途中で投げ出し
私の中でのメディッチ家は
なんか、つかみどころのない家族
って認識で終わっています。


で、メディッチ家の本を途中放棄した後
何故か適当に買っていた
村山由佳の「翼」って本が
思いのほか面白くて
読む本に困った時に読む作家リストに
村山由佳が加わったのです。
(一位はアガサ・クリスティーです)

私にとってのメディッチ家とは
そんな存在なのです。

しかし私は一日に一回は必ず
「メディッチ家」という単語を思い出すのです。
何故?

e0205256_2082660.jpg


何かメディッチ家って↑↑↑なイメージです・・・・


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-08 20:11 | フィレンツェ

ジョットの鐘桜

最近、私のブログは迷走していて
突然曲を紹介したり、突然イギリスになったり
責任感からローマ皇帝を紹介したり・・・・・・・

今回はフィレンツェです。
それも、あの芸術的建物「ジョットの鐘桜」を
動画つきで紹介します。
恥ずかしながら私は、つい最近までこの「ジョットの鐘桜」の事を
「ジェットの養老」だと思ってました・・・・・

e0205256_20441350.jpg


e0205256_2044413.jpg


↑↑↑の写真は下から上を撮ったのか、上から下を撮ったのか
自分でもわかりません。

e0205256_20461652.jpg

きめ細かな彫刻たちが、ジョットの鐘桜を飾ります。
改めて見ると、本当凄いですね。

e0205256_20481895.jpg

私はこのような暗闇からの光みたいな写真が好きです。

e0205256_20502526.jpg

物凄く息の切れる、幅の狭い階段、

e0205256_20512288.jpg

しかし息切れの後に見れる、フィレンツェの街並みに感動します。
e0205256_20523977.jpg

空がつかめそうでつかめない
e0205256_20534348.jpg

e0205256_20543495.jpg

e0205256_20551576.jpg

これが鐘かな?このおばさんが鐘をならしてるのかな??
e0205256_20565066.jpg

下の動画は鐘の音がやたらうるさい
ジョットの鐘桜の動画です


e0205256_2101281.jpg

今回は写真だらけになってしまいました。
まぁそれだけ綺麗な建物であり、素敵な景色で
あたっりするのです。

e0205256_2164714.jpg

e0205256_2172577.jpg

e0205256_2174737.jpg

e0205256_2125638.jpg


e0205256_2195447.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-06 21:10 | フィレンツェ

皆様はリモンチェッロってお酒をご存知でしょうか。
イタリアでは食後酒として、冷たく冷やして
クイッて飲むのが流行りのようです。
e0205256_17234383.jpg

ディカプリ社のリモンチェッロは
このような青い箱に入っています。
e0205256_17254092.jpg

箱を開けるとトライアングルなボトルに
リモンチェッロが納められている訳です。
e0205256_1727353.jpg

私のリモンチェッロの飲み方は
グラスに氷を入れて
e0205256_17281437.jpg

ペリエで割って飲むのが好きです。
ただのロックだと飲みすぎてしまった場合とか
結構、やばい事になります。
可愛い感じのお酒だと思ってなめてると
痛い目にあいます。
e0205256_173020100.jpg

個人的にはロックで飲むか、ペリエなどの炭酸水で
割って飲むのがベターではないかと思います。
あまり水で割るのは薦めません。
e0205256_17322177.jpg

スーパーとかにはあまり置いていないけど、
大きな酒屋さんとかには置いていると思います。
結構美味しいので、よかったら試してみてください。
後、料理酒として使えます。ちょっともったいないけど・・・・・



よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-04 17:37 | コラム

Cyndi Lauper を感じる歌手

この前Cyndi Lauperを紹介した時に
思ったのだけど、レベッカのNOKKOは
マドンナやらCYNDIを上手く吸収して
自分なりのスタイルにしたのだなと思います。
個人的にこの「Vanity Angel」は稀な名曲だと思います。
外国人ダンサーが謎です。


Cyndi同様にイタリアの血をひくLady Gaga
彼女もCyndi大好きだったらしい。
今や世界的スーパースターにまで登りつめ
今月下旬にはニューアルバムが発売されます。



そしてこの人はキム・カーンズ
あの「WE ARE THE・・・・・・」で
Cyndiの次に歌っている人です。
歌詞が「When we」しかなくて可愛そう。
Cyndiが歌っている時に、少し顔をそむけてます。
でもこの曲、凄くいい曲ですね



何故かジェットの鐘楼
e0205256_23213416.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-05-03 23:23 | 音楽紹介