ローマを建国した人はロムルスという人なのですが
何と親はオオカミなのです!!
e0205256_22465268.jpg

このオオカミのおっぱいを飲んでいるうちの一人が
ロムルスで、もう一人はロムルスの兄弟なのですが
「王様は俺一人で十分」っていう理由でロムルスに
殺されたらしいです・・・・・
e0205256_22502356.jpg

結成当初のローマは野郎だらけで
近所の国の女性を強制的に誘惑して
子孫が繁栄していったのです。
e0205256_22541753.jpg

この馬に乗っている
哲学皇帝「マルケス・アウレリウス」も
オオカミの子孫な訳ですね!!??
e0205256_22575491.jpg




よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-29 23:01 | コラム

Alberto baldan bembo


このAlberto baldan bemboってイタリアの音楽家を知ったきっかけは
第二次世界大戦時に、ナチスに虐待されるユダヤ人の女性達を描いた
かなり、趣味の悪い映画で(映画のタイトルは忘れました・・・・・)
悪寒が走るくらい、ぐろいシーンや性的な描写の激しい映画なのですが、
しかし音楽だけはやたらとよくて、エンドロールで調べてみると
その音楽を作っている人がBemboだった訳です。

このBemboって人は
イタリアのメロドラマや映画などに曲を提供していた
人みたいですが、何か隠れた大物って感じです。

次の曲はBemboの曲かどうかさだかではないのですが
この大げさな感じが好きです

ネットとかでならBemboのCdなどを見つけれると
思います。

e0205256_20482990.jpg

何故かライオン

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-26 20:49 | 音楽紹介

ローマに今度いったら
是非やりたい事が一つあって
それは早朝ジョギングだったりするのです!!
でコースを考えてみました。
e0205256_2039441.jpg

スタートはポルケーゼ公園にあるゲーテの像で
ポポロ広場まで向かいます
e0205256_20423336.jpg

そこからテヴェレ川に行って
e0205256_20435446.jpg

ティベリーナ島まで南下
e0205256_20462751.jpg

その辺で左折してマルケス劇場
e0205256_20475783.jpg

チルコマシッモの方へと向かい
e0205256_20515387.jpg

カラカラ浴場まで突き抜けます
e0205256_20532716.jpg

そこからアッピア街道へ向かって
e0205256_20541564.jpg

かわいい像を眺めつつ
e0205256_20553171.jpg

きれいな景色を眺めつつ
e0205256_20554932.jpg

一応ゴールはチェチリアメッテラの墓地
e0205256_20581363.jpg

あ、でも帰らないと行けないから
折り返し地点なのかな??!!


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-22 21:00 | ジョギング

今回は久しぶりにローマ市内
紹介します。
サンダンジェロ城です。
e0205256_1245746.jpg

この建物は、ハドリアヌス帝が自分の廟(ビョウ)として作って
後にローマ皇帝の墓、住居、牢屋など
多彩な利用をされている多目的な空間なのです。
e0205256_1273744.jpg

中は何か迷路のようで、「ワクワク」な感じです。
e0205256_1284528.jpg

俺を刺すきか↑↑↑(お前なんかに絶対負けない!!)
e0205256_12101678.jpg

ローマ時代の便所かな?
e0205256_12111192.jpg

お前の口から出た水なんかで、絶対、手洗いたくない!!
e0205256_12121150.jpg

どこだろう
e0205256_12125886.jpg

サンダンジェロ城から眺めるローマ
e0205256_12135960.jpg

そしてローマ

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-19 12:16 | 遺跡

ハドリアヌス帝がバイセクシャルだった事は
有名な話なのですが、
古代ローマでは同性愛というのは
同性愛という言葉が存在しない程に
普通に行われていたらしい。
ただし身分が上の者が、身分の下の者に抱かれたり
年上が年下に抱かれるなどの行為は
好ましく思われていなかったようです。
e0205256_21543423.jpg

確かに↑↑↑の銅像の写真のようにアンティノウスは
なかなかの男前で、ハドリアヌスが愛してしまうのも
なんだか、わかるような気もします。
*カピトリーニ美術館にアンティノウスの像はあります。

しかしこのアンティノウスは、ハドリアヌスと船で旅してる時に
海に落っこち、死んでしまいました。(他殺、自殺のせんが高い、一説によると
歳をとってきた、アンティノウスが、ハドリアヌスが他の若い男に
心移りする前に、自ら命を絶った説が有力)
アンティノウスの死後
ハドリアヌスは落ち込んでしまいました。
その後ハドリアヌスはアンティノウスの像を作らせたりと
思い出作りに走ったりする訳です。

愛の形には色々な形があるのでしょう。


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-12 22:07 | ローマ皇帝

ハドリアヌス

e0205256_21555134.jpg

ここ数回にわたり紹介していた
「ハドリアヌスの長城」は
実はこのハドリアヌス帝を紹介するための
アンディパストミストだった訳です。
e0205256_21595622.jpg

この皇帝はどんな事をやったのか
①ローマ帝国中を視察しました。
②パンテオンを再建した。
③ハドリアヌスの長城を建設
④その他もろもろ・・・・・・・
e0205256_222153.jpg

ユルスナールって人が書いた
「ハドリアヌス帝の回想」は
かなりじっくり読まないと、頭に入ってこないのですが
ハドリアヌスを詳しく知りたい人には、
多少レコメンドします。
又は、ウィキぺディア、塩野七海、キボン、ローマ皇帝歴代誌などなど
読むと、ハドリアヌスを詳しく知れるかも
(自分で紹介する気がすでにない<*.*>
e0205256_2274982.jpg

次回はハドリアヌスの恋人アンティノウス
の事を書きたいと思います

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-09 22:25 | ローマ皇帝

ハドリアヌスの長城 

ハドリアヌスの長城が完成したのは
1世紀頃の話なので、天災やら人災やらで風化されて以後は、
現地の人達でさえ、ハドリアヌスの長城の残骸とは気付かず
家畜のフェンス位にしか認識していなかったらしいです。
e0205256_1116134.jpg

確かに家畜のフェンスにしか見えないかも。
e0205256_11182765.jpg
e0205256_11192569.jpg

でも世界遺産です。
あのローマ皇帝ハドリアヌス帝の作った「長城」なのです

それでも、動物達の姿を見ていると、心癒されます。
e0205256_11221539.jpg

e0205256_11224161.jpg

e0205256_1123445.jpg

のどがです。
e0205256_11281923.jpg

e0205256_1129938.jpg

e0205256_11294619.jpg

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-05 11:31 | 遺跡

今回はイタリア系の血も流れている
LADY GAGAの新作「Born This Way」
を紹介します。
e0205256_225202.jpg

この新作は、今までの作品とはかなり違って
かなりノリノリです。
相当「ドンドン」やってる感じです。

しかし、詞は結構シビアにリアルでポジティブで
この下のクリップのように、日本語字幕付で公開してくれる人は
優しいですね!!?

この曲どうしてもマドンナの「express yourself」とかぶります。

余談・・・・・LADY GAGAはケツだすの好きですね
e0205256_22113034.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2011-06-01 22:14 | 音楽紹介