e0205256_2223918.jpg

シエナもそうだったのですが、アッシジも丘に出来た街というだけあって
坂道の連続です。坂の途中にはお土産屋さんらしきお店が沢山あり
中をのぞくとフランチェスコ関連の商品がわんさかです。
可愛らしい品物が多く、案の定小鳥とサンフランチェスコの置物もありました。
買おうかなと思ったのですが、何故かケチって買わなかったのです。(後に後悔)
路地は細く小さなバスが私の前を通りすぎて行きます。
e0205256_22275416.jpg

小さなバスは日本では余りみかけないような気がするのですが
比較的イタリアではよく見かけますよね?道が狭い所の多いローマやフィレンツェにも
小さなバスが走っているのをよく見かけますし。
始めは物珍しかったのですが、見慣れるてくると気にもならなくなるもので
やはり私も所詮は人間だと実感。
e0205256_22311689.jpg

アシッジのバス停から歩く事数分サンフランチェスコ大聖堂の少し手前で
ステージを建設中。「ヘェー大聖堂の前でライブとかやれるんだ」と少し感激。
「でも大聖堂の前だから、(アヴェマリア)とか(第九)とかコーラス隊の方々が合唱するのかな」
誰かに訪ねたかったのですが、勇気と言葉がたりませんでした。少し「俺の甲斐性なし」と思う。
e0205256_22443732.jpg

シャイな自分を責めるのは後にして、「アシッジを堪能しようぜ」に気分をチェンジ。
大聖堂の中は気持ち写真が撮りつらい感じだったので、小鳥とサンフランチェスコなどの
写真は撮らないでおきました。(実はみつけれなかった。/。)
だって絵いっぱい壁にあるのだもの。(後に調べたのですが手前の方にあるらしいです)
e0205256_22501839.jpg

大聖堂の中には回廊があり、質素で落ち着いた感じのシンプルイズザベストって言葉が
しっくりくる、回廊でした。
e0205256_22593921.jpg

という訳で小鳥に説教したサンフランチェスコ様の大聖堂。
実はサンフランチェスコについては過去のロマフォト(何故か略される)で紹介していたので、
下にリンクはっておきます。興味のある方はよろしかったら拝見して下さい。

BROTHER SUN SISTER MOON


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-23 23:11 | アッシジ

アッシジへは各駅停車で移動致しました。
ローマテルミニがらfolignoまで約二時間。
本読んだり景色眺めたりしていたら、思いのほかあっという間に時間が過ぎた気がしました。
e0205256_22332050.jpg

乗り換えまでに30分位時間があったのでfoligno の駅前を少し探索。
(本当に駅前だけでしたが)
e0205256_22411365.jpg

だから何んだよな写真ですよね・・・しかし凄いの発見できました。
e0205256_22422870.jpg

亀です。それも2匹もいます。
e0205256_22442061.jpg

蛇口?もしくは噴水?
おそらく夏場になるとこの亀の口から水が流れて、プールに水がたまり
イタリア−ナ達がチャプチャプやっている姿が目に浮かびます。
e0205256_2248271.jpg

亀に喜んでいる間にアッシジに向う電車が到着。
folignoからアッシジまでは10分程度。
最初の駅がアッシジになります。
e0205256_22503986.jpg

駅の看板アッシジ少しお洒落ですね。
e0205256_231098.jpg

アッシジは駅を降りるとタバッキがあるので
そこでバスのチケットが買えます。何処で降りればいいのかなと不安に思って
いたのですが、大勢降りた所で私も降りたら、サンフランチェスコ大聖堂に徒歩数分の
バス停でした。空を見上げると「あーやっぱりだ」(見上げなくてもわかりますが・・・)
e0205256_2365029.jpg

私の中でのアッシジのイメージは「曇りのち雨」
イメージしたまんまの私が行った日のアッシジは「曇りのち雨」な一日なのでした。

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-17 23:13 | アッシジ

ローマでよるご飯

私の場合、いいレストランを探すのが苦手で
大体その辺にある適当なレストランで夜ご飯を食べるのが
マイイタリースタイルだったりするのです。
お値段は大体10ユーロから20ユーロ位の範囲で
いい店みつければ同じ位のお値段でもっと美味しいもの食べれたりするのかなって??
思うのですが、まあ行き当たりばったりな私なので。。
その日だってフィレンツェに行ったのだからフィレンツェで夜ご飯食べればいいものの
ローマでよるご飯。

その夜は前菜にサラダを食べ
e0205256_20242168.jpg

メインデッシュがピザ
e0205256_2025154.jpg

デザートにチョコのティラミス
e0205256_20252767.jpg

美味しかったです(ってボキャブラリー相変わらずないです)
ホテルに帰る前に小さな店でビールを数本買って
ホテルで反省会。
e0205256_20331017.jpg

パソコン持っていたのですが、ネット代ケチって
むこうじゃブログ更新しなかったんだよなと思いだしました。
色んな人のライブブログみてると、
私も生中継するべきかなぁと感じたりしてます。

e0205256_2045376.jpg

追伸・・フィレンツェの蛇口オリンピック代表は↑↑↑に決定です。

明日はいよいよアッシジ。予想以上によかったですアッシジ。
それでは、菜に曽津。

よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-11 20:48 | コラム

シニョリーア広場

シエナのカンポ広場が世界で一番美しい広場だとしたら
フィレンツェのシニョリーア広場は世界で一番「☆☆☆」な広場。
「☆☆☆」の中の言葉は芸術的だったり、斬新だったり、
銅像の宝庫だったり、この広場にいると私不覚にも鳥肌が立つのです。
e0205256_2235123.jpg

メドゥサの首を掲げるペルセウス
e0205256_2241894.jpg

ヘラクレス、流石の鳩もヘラクレスにはとまれないのか!!?
e0205256_2243889.jpg

微妙に変態な男二人。
このような芸術的銅像がこの広場にはわんさかわんさか。
しかもまわりの建造物もかっこいいのばっかり。
非の打ち所がないとはこの事なのでしょうか??!
という訳で「☆☆☆」の中身は
「シニョリーア広場は世界で一番非の打ち所のない広場」という事で。
e0205256_2248380.jpg

手前の緑の銅像の頭には
案の定鳩がとまる。
でもシニョリーア広場の鳩が(フィレンンツェの鳩が)
「お・しゃ・れ・な・鳩・ぽっぽ★」に感じるのは私だけじゃないはずです。
うちの近所の鳩なんてふたが回転するゴミ箱にとまって
中に落っこちちゃってるし・・・

e0205256_2361822.jpg


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-07 23:07 | フィレンツェ

考古学博物館は少ーし歩くけど、とはいってもせいぜいドゥオーモから
500メートル位の距離の所にあります。
近くにサンティッシマ・ヌンツィアータ教会って言い辛い名前の教会があります。
e0205256_22373380.jpg

e0205256_22391620.jpg

この言い辛い名前の教会の小道をはさんで右隣にあるのがこの考古学博物館なのですが
アホな私は入り口を余裕でスルーして300メートル程歩いて行ってしまい
「それにしてもないな。変だぞ!!」で元の場所にリターンすると
「これか」と入り口発見。屋久島で縄文杉スルーの経験を持つ私ながらの
エピソードでした・・・
e0205256_22451293.jpg

入場料4ユーロと安めでしたが、なかなか結構な展示物の数々でしたが
それにしても見物客の少ない博物館でした。
3階で銅像をみていると、柱のすみから私を星飛雄馬の姉ばりに覗き込んでくる
係員の女性がいて、それが一カ所だけではなく、数カ所で「ヒュウーマァ」て感じで
見られていたので、もの凄く怖かったです。
展示物の思い出よりも「ヒューマちゃん」の方が記憶に残ってしまいました。
e0205256_22515213.jpg

e0205256_22533765.jpg

この博物館エトルリア系の宝庫ってだけあって「うーん」ってうなってたのですが
エトルリアの作品は何かエロ可愛い感じで好きですね。
後日ローマポルケーゼ公園のエトルスコ博物館にいくのですが、その博物館はエトルリア
専門の博物館で、「おー」の連続だったのですが、
ショーウインドウ入りと、写真撮影NGが少しがっかりでした。
エトルリアについてはお勉強したいと思うのですが
中々日本語でのエトルリアの本っていうのもなくて、先延ばしになっている状態です。
デザインや絵や銅像が好きな方なら、エトルリアの作品はかなり「素敵」って思うと思います。
e0205256_2383433.jpg

しかし、上の巨大な団扇がエトルリアの作品かどうかなんて
知りもしない私なのでした。傘にも見えるね?
帽子だったり?


よかったらワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by romanphoto | 2013-02-03 23:13 | フィレンツェ